食事付きの魅力

Pocket

繁華街の近くにあるホテルや地方の民宿など、素泊まりプランがおすすめなホテルも多いですが、旅館や大手のホテルに泊まる場合は、食事付きのプランがおすすめです。食事付きプランがおすすめのホテルがランキング形式で検索できるサイトもあり、写真で実際の料理をチェックすることもできます。デートで泊まったホテルの料理があまり良くなくて、相手をガッカリさせてしまうといった心配もありません。

また、最近注目を浴びているのが朝食付きプランです。夕食は近くの繁華街やその土地おすすめの店でご飯を食べて、朝はゆっくりホテルで朝ごはんを食べる人が増えてきています。そのような傾向から、朝食をビュッフェ形式にして、和洋中好きな料理を食べられる所が増えています。このように、宿泊施設では充実した朝ごはんを食べられるように変化してきています。

ビュッフェ形式であれば、こだわりの特産物やその土地でとれたお米や果物など、新鮮なものが好きなだけ食べられるので、コース料理とは違う手軽さが魅力です。また、好きなものを好きなだけ食べられる自由度の高さもこの食事スタイルの良い点だと言えるでしょう。朝食付きプランを1日だけ付けることができたり、その日のスケジュールに合わせて選べたりするのも魅力の一つです。朝食の時間も、早い時間から少し寝坊しても大丈夫な時間までしていることが多いので、一度食べてみる価値があります。

 

朝食付きプラン注意点

朝食付きのプランは、注目を集めている反面やはり注意点もあります。それは朝食付きプランが元から付いている場合と、後から付ける場合の料金の違いです。中には一律で料金が変わらないホテルもありますが、食事は事前に材料の調達や仕込みなど何かと準備が必要なため、あとから頼んだ場合の方が料金が高くなってしまうことがあります。

事前に旅のスケジュールを組んでいる場合は、そこも組み込んで考えるのが安全です。せっかくの楽しい旅行ですから、確認不足で少しでも嫌な気持ちになってしまうのはもったいないです。朝からすてきな一日を迎えられるように、予約の際の料金プランは隅々まで確認しておきましょう

雑炊また、普段朝ご飯を食べない人にもおすすめなのは、軽く口に入れられるものがパンやご飯だけでなく、おかゆや雑炊、スープといった胃に優しいものを用意しているホテルも多いからです。朝ごはんを食べないと何だか頭がボーっとして働かなかったり、やる気が出なかったりと、体の循環の妨げになりますので、少しでも朝ご飯を食べる必要があります

旅行先では、慣れない環境で気付かないうちに体に疲れがたまっている場合があります。蓄積した疲れを癒やすためにも、ホテルの朝食付きプランでしっかりと栄養をチャージして体を起こしてあげましょう。